和歌山市たこ焼き店・たこ焼処かくれんぼ
和歌山市たこ焼き店・堀止かくれんぼ

ホーム

かくれんぼ
たこやきアイコンたこ焼き
たこやきアイコンたこせんシリーズ 
たこやきアイコンおまけ

かくれんぼのこだわり
たこやきアイコンかくれんぼ物語

お店の案内
たこやきアイコンたこ焼き処かくれんぼ
たこやきアイコンリンクページ
たこやきアイコンイベント風景
たこやきアイコンブログ



かくれんぼのこだわり



当店の「かくれんぼサイト」へようこそ

あらためて、はじめまして(^^)

たこ焼処かくれんぼです。

駄菓子とたこ焼きをこよなく愛しています

かくれんぼの由来
かくれんぼ
2000年7月7日七夕の日
「駄菓子屋かくれんぼ」として
和歌山市堀止の狭〜い住宅街にオ−プンしました。
どうして「かくれんぼ」?
はい!お店が隠れた場所にあったから
・・・ではないんですよね〜^_^;
お店にきてくれる子供達が大人になったとき少しでも思い出してもらえたらと
「かくれんぼ」と名づけました。
どんなお店だったの?
「駄菓子屋かくれんぼ」は懐かしい駄菓子と可愛い子供達に囲まれ、今福、吹上、砂山小学校、西和中学校、県和商のみんなの憩いの場所でもありました。
ページ(おまけ)の駄菓子秘話ぜひご覧下さい(^^)v
私自身たこ焼と駄菓子というこの究極のコラボレーションが大好きで特に紀州っ子だから「醤油味」が好き(*^_^*)
たかが駄菓子屋のたこ焼・・・
いえいえ!私も母親。可愛い子供達がおやつに食べるからこそ美味しく且つネギ嫌いな子も楽しくベンチに座って足をブラブラしながらニコニコ顔で食べてくれる・・・・
そんなたこ焼が作りたかったんです
試行錯誤を重ね、やっと納得の味が完成!
小さい頃からの夢だった
「駄菓子とたこ焼」の店を開店する事ができました。
もちろん!たこ焼を最初に食べて頂いたのは小、中学生の子供達!(^^)!
子供さんは素直で純粋で正直。。
第一声が「うどんの味と匂いして
メッチャお!い!し〜い!!」
この瞬間は忘れませんね〜。
そして私の求めていた、究極の「しょうゆタレのたこ焼き」が完成したのです
 これが現在たくさんのお客様に愛され続けているかくれんぼ"特製しょうゆネギ"の由来なのです。
ほんまうれしかった。
和歌山たこ焼選手権

子供達に背中を押されて平成15年16年とマリーナシティーで開催された「和歌山県産品フェア和歌山たこ焼選手権」の出場依頼を受けさせて頂きました。
カツオをベースにブレンドした
自家製だししょうゆに紀州湯浅醤油で隠し味・・・
濃すぎず薄すぎず子供達への「愛」の
スパイスを注ぎバージョンアップした「特製しょうゆネギ、しょうゆネギマヨネーズ」で
連続優勝させていただきました。








大会前日の駄菓子屋は子供達の送り出しコールで
閑静な住宅街に可愛い声が響きわたりました♪
もちろん、優勝を一番喜んでくれたのも子供達。
子供達と一緒に成長してきた「かくれんぼ」

発信源である子供達の口コミで
かくれんぼのしょうゆたこ焼」が広がり
いつしか駄菓子屋には、ママさん達、サラリーマン、お医者さん、OLさん、中学の先生。。。。などなど、お客様層も幅広く益々にぎやか小屋になっていきました。

たこ焼処かくれんぼ

その後、各種、新聞、雑誌に多数紹介され
今では県外からも当店を訪ねて来てくださるお客様もいらっしゃいます。

さまざまなイベントにもお誘いをうけ、近鉄百貨店和歌山店様「紀州路大物産展」や 和歌山のビッグイベント「紀州よさこい祭り」等出店させて頂き
かくれんぼのしょうゆ味のたこ焼を知っていただくことができました。
そして何よりイベントで並んで下さるお客様の笑顔で沢山の元気をいただきました
ありがとうございます。

このころ大好きな駄菓子コーナーとしばし別れを告げ

「たこ焼処かくれんぼ」として新たなスタートとなりました。

堀止では、お車のお客様や近隣の方々にご迷惑をおかけしていたので
店を国体道路に移転しました。

でも、「かくれんぼ」の原点は駄菓子屋にありです。

これからも子供達から学んだ「ありがとう」の
感謝の気持ちを大切に
お客様に喜んで頂ける
そんなたこ焼を焼き続ける事ができればと
思っております。


「特製しょうゆネギ」

★和歌山県産品フェア
   たこ焼選手権連続優勝商品


   




COPYRIGHT(C) KAKURENBO ALL RIGHTS RESERVED.